敏感肌&乾燥肌と上手く付き合っていくには

8月 26, 2020 スキンケア

私のお肌の悩みは、敏感肌且つ乾燥肌であることです。
私の母曰く、小学生になった頃からひどくなり、学校を休んで総合病院の皮膚科に連れて行っていたそうです。
その頃から外出時は帽子が必須アイテムで、被っていないところを母に見られるとこっ酷く叱られていました。

MELLIFE(メリフ)の効果を徹底検証!話題のクレンジングバームの口コミ&評価!

しかし、当時は“紫外線がお肌の大敵である”という情報はあまり知られておらず、周りの友達は帽子なんて被っていませんでしたから、嫌で嫌でしかたありませんでした。
また、プールの授業が大好きでしたが、プールの水に混ぜてある消毒用の塩素の濃度が私には強すぎて、プールの授業後に全身が痒くなってしまうため、必ず入念にシャワーを浴びるというのが決まりでした。

習い事でスイミングスクールに通っていましたが、どんな時期でも肌が粉を吹いたような状態になってしまうため、泣く泣く辞めることになってしまいました。
中学生になってからは女子が美白に興味を持ち始め、日焼け止めを塗って体育や部活動に参加するようになってきました。
しかし、私の場合は日焼け止めクリームに肌が反応して赤くなったり、日焼け止めクリームと汗が反応してかぶれてしまっったりするため、効果の強いものは使用できません。そのため、部活中は顧問に許可を貰ってキャップを被って参加していました。
今時の高校生や中学生は、自転車通学中や部活中に帽子を被っている姿をよく見ます。

そんな姿を見て、「私もこの時代だったら生きやすかったのにな?」なんて思ってしまいます。
大学生や大人になってからは、美白やオーガニックコスメなどが流行だし、自分が手に取ることができるアイテムがだいぶ増えたので嬉しいですが、コスパの良いコスメやスキンケア用品、脱毛などは肌が反応してしまわないかなと不安に感じて購入に至ることが出来ません。

最近では日差しが強く、熱中症対策といった点から男性も日傘をさすようになってきました。
私にとっては、目立たずに紫外線対策やスキンケアが出来る時代になってきたので、もっともっとお肌に優しい生活ができるようなアイテムが増えていって欲しいなと願うばかりです。

投稿者: rihito