接客業のマナー口臭治療

9月 14, 2020 口臭

90㎝幅のテーブルを挟んで対面でお客様とお話をします。かなり強烈なニオイでなければ、相手には届かない距離ですが、やはり接客業なので、ニンニク料理は休みの前日しか食べません。

口臭を指摘してくれるのは家族です。こんなときに、家族のありがたみを感じます。

http://www.guesthouseborg.com/

口臭の原因は歯周病でした。加齢、喫煙、歯磨きが充分ではない、これらの原因が引き金になっているのでしょう。
歯科医院に、毎週通院してクリーニングをしました。ひと段落した頃、虫歯がみつかり、それも口臭の原因になりますから治療。
約2年間、口腔内の環境を整えることに専念しました。

しかし、高額のメンテナンスの必要性を指摘されたので、近所で便利なその歯科医院をやめて、遠方の以前お世話になっていた歯科医院に相談に行くことにしたのです。

そこで、久しぶりにわたしの歯を見た先生に「汚れがひどい」と言われてしまいました。歯周病は甘くないと実感。
確かに強いニオイは改善したものの、完璧ではありませんでした。
2件目の歯科医院は、歯科衛生士ではなく、歯科医師がクリーニングをしてくれます。

洗口液もいろいろ試しました。その中でジェクス(株)の「ラクレッシュ」が、私には合っているようです。乳酸菌を使用しています。

今は禁煙にも成功し、口臭にも神経質にならなくなりました。ただ口の中が乾燥すると、少し臭うようです。そんなときは、水分を口に含むだけで、すぐに臭わなくなります。

また、歯ブラシは柔らか目がいいと思います。何度もゴシゴシしても、歯茎を傷めませんし、実際、柔らか目を使用した方が、きちんと磨けていると褒めてもらえることが多いです。。

臭いがひどい頃は、小口、小声で喋るようにしたり気を使っていましたが、つい、うっかり相手に不快感を与えていたこともあったと思います。
ですから今わたしは、電車の中で口臭がきつい人が隣りに座っても、寛大な気持ちで受け止めるよう、心がけています。
わたしも迷惑をかけてきたのですから。

投稿者: rihito