レイクの利用のメリットとデメリット

11月 6, 2020 生活

レイクは消費者金融ではなく銀行カードローンなので、まず総量規制の適用を受けない点がメリットになります。そして、限度額が200万円以下の場合には業界でも最長の180日間の無利息サービスが選択することができるという点も大きなメリットです。
http://www.katieroxmusic.com/

この180日間の無利息サービスでは5万円を越えた分には普通通りの利息が掛かってしまいますが、30日間の方を選択すれば借り入れ金額に関わらず無利息になります。200万円までの契約ではこの2つから選択ができるということも利用者にとって嬉しい点でしょう。(200万円を超える限度額では30日間の方だけになります)

そして、更にどのATMを利用しても一切手数料が発生しません。これだけのメリットのあるレイクですが、反面、デメリットと言える部分もあるので、利用の前にはそちらの方もきちんと理解しておきたいところです。

まず、レイクは銀行カードローンだと書きましたが、その銀行カードローンにしては金利が高いという点がデメリットだと言えるでしょう。最高金利が年利18%というのは大手消費者金融と同じ水準です。大手都市銀行のカードローンではこれが15%弱なので、金利だけを考えるとレイクの利用は向いていません。

また、銀行カードローンの中では高い方ですが、大手消費者金融と比較すると審査の合格率が多少低いところも挙げられます。条件やサービス面はともかく、今すぐ審査に合格して借りたい!という人はレイクではなく大手消費者金融の方がいいかも知れません。

しかし、カードローンに必ずこれがおすすめだというものは存在しません。どのカードローンにもいい点と悪い点が混在しています。レイクはいい点の方が多いと言うことができるカードローンなのは間違いないので、特に金利に問題が無ければおすすめのカードローンの1つです。

投稿者: rihito